株式会社設立のご報告

2018年12月5日にreinnoは、株式会社となりました。

正式名称は株式会社reinnoとなります。

この名前にはrestaurantが抱える課題をITによって解決し、外食産業にinnovationを起こすという意味を込められています。

外食産業は、現在深刻な人手不足に悩まされています。他の産業と比較して、飲食店従業員の欠員率は2倍近く高いとも言われています。

このような状況下で、飲食店の従業員が過剰な業務量によって疲弊しているという話はよく聞きます。かくいう私もかつてはその一人でした。

また、あまり知られていませんが、黒字経営できているのにもかかわらず、従業員が足りないために店を閉じなければならなくなった経営者も数多くいます。

加えて、人手不足によって困るのはお店の人たちだけではありません。飲食店に足を運ぶ私たちにとっても、外食産業の人手不足は問題です。

例えば、忙しいランチ帯に、従業員が一人でホールを担当している光景は珍しくありませんが、オペレーションが回りきらず、無駄に待たされたという経験はないでしょうか?

このように外食産業では、人手不足という問題を中心に従業員・経営者・顧客がそれぞれ不満を抱えています。以上のような文脈から、飲食店の業務はIT化される必要があると考えました。

ところが、飲食店のIT化は遅れているのもまた事実です。

reinnoは、飲食店のIT化を進めることで、飲食店にまつわる三者の不満を取り除き、外食産業を新しくしていくというミッションを掲げてこれから前に進んでいきます。

平成30年12月8日
代表取締役 岩上 開人